スピーディーな量産立ち上げ

量産立ち上げまでの体制を構築

下図の点線部分のサイクルを社内でこなすことにより、柔軟かつスピーディーな量産立ち上げまでの作業が可能です。

3Dデータ受領

工程の見える化

工程管理をきっちり行い、現在どの作業が進行中なのかどの作業にどの程度の時間が必要なのかを事前に把握し、問題の起こりそうな工程に事前の対策をとることによってトラブルでの作業の遅延を無くします。

作業進捗表

成形機 型締力40t〜160t

製品情報

pagetop